シェアする
LINE
TWITTER
FACEBOOK

REON POCKETを活用した取り組み

REON POCKETが生まれた起源

2017年7月、開発者が出張で中国・上海に行った際に、暑さに驚愕。当時現地の気温は38℃でした。
外は猛暑な一方で、ホテルは空調が効きすぎており、体調を崩す懸念とともに、地球温暖化への不安も感じ、未来のためにテクノロジーを使って課題を解決できないかと考え始めました。

日本に戻り、現在のREON POCKETのベースとなるウェアラブルの小型温冷機器のプロトタイプを作成し、温暖化が進む中屋外での冷感の付与と共に、屋内でREON POCKETを活用することで空調に対する依存を少しでも減らし、省エネに貢献したいというビジョンのもと、プロジェクトを開始しました。

一般的に、パソコンやカメラなどのモバイルエレクトロニクス機器は小型で熱が籠りやすく、その発生する熱が映像や処理能力などの性能に大きく影響するため、熱をいかに逃がすか、特定の部分が熱くならないよう拡散させるかが商品を設計する上での重要な要素となります。

「熱設計をエレクトロニクスから人へ」。そんなことを思いながら、これまで培った熱設計のノウハウを生かし、数百に及ぶシミュレーションを繰り返しながら、冷温の制御やアプリのソフトウェアを開発し始めました。
2019年7月にクラウドファンディングを実施、2020年7月に一般販売を行い、さらなるシミュレーションやパートナーとの連携を深め、2021年4月にREON POCKET 2を発売しました。

年々暑さが厳しくなる中、現在REON POCKETは、通勤や散歩、軽度のスポーツなど主に屋外で使われています。

一方、テレワークが進みよりパーソナライズされた働き方が進む昨今、オフィスに加え家庭の空調に対する負荷も大きくなっています。

我々は個人で温度の調整をするREON POCKETを通じて、オフィスや家庭空調への負担をできるだけ減らし、省エネにも貢献していきます。

REON POCKET 2を活用した省エネへの取り組み
~空調温度を2℃上げてみようプロジェクト~

  • TOP
  • REON POCKETを活用した取り組み